マスキングインクを使った、おしゃれでかわいいポストカードの作り方!

  • 2018年3月26日
  • 1,465Views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オリジナルポストカード完成

みなさん、一度はありますよね?誕生日やクリスマス、結婚祝いとか以外の特別じゃない日に誰かに手紙やポストカードをもらった事。その時は何だか嬉しくて一日がHAPPYな気持ちになっちゃう♪

市販のカードもいいけど、もらったポストカードが手作りのデザインだったらなおさら。『あの人、こんな風に思ってくれてたんだぁ。』って。だからそんな気持ちをほかの人にもおすそ分けしたいっ!!

そこで今回は贈る相手を思い浮かべながら作る、おしゃれでかわいいオリジナルのポストカードの作り方をご紹介。『マスキングインク』というアイテムを使うのがポイント!!

おしゃれなオリジナルポストカードを作るための道具

  • レター用紙(ポストカード)
  • 絵具
  • パレット
  • 筆(絵具用)
  • スタンプ
  • マスキングインク

マスキングインクとは

マスキングテープのインク版と思ってもらうとわかりやすいです。色を塗りたくない部分にマスキングをして、上から色を塗り、それらをはがすとその部分だけ、色がのらないという仕組み。

テープの場合は、直線に向いていますが、細かな曲線や複雑なデザインには向いていません。一方、インクの場合は、筆を使って描いていくので、複雑なデザインや文字も描けちゃうスグレモノ♪乾くとゴム状に固まるので、着色したくない箇所にあらかじめ塗っておくと、絵具をはじいてくれます。画材屋さん等の専門店で購入できます。

※筆は使ったらすぐに洗ってください。時間が経つと硬くなり、取れなくなります。もし固まってしまったら、専用クリーナーを使って取ってください。

文字やフチを白抜きしたオリジナルポストカードの作り方

ポストカードの下書きとなるデザインを描く


後で消しやすいように、レター用紙(ポストカード)に鉛筆で薄く下書きを描く。

マスキングインクをのせる


空気が入らないよう、またダマにならないよう下書きのデザインにのせてください。ダマになると乾くのに時間がかかってしまいます。


マスキングインクをのせた後。乾くと黒からグレーに変化します。

ポストカードに色を塗る


マスキングインクが乾いて固まったら、色を塗ります。

マスキングインクをはがす


消しゴムでマスキングインクをはがしていきます。この時、一緒に下書きの線も消すのを忘れずに!!ポイントは、力を入れすぎないようにすること。そうすればポロポロと簡単にはがれていきます。

おしゃれでかわいい、オリジナルのポストカードの完成


木版画のようなおしゃれなオリジナルポストカードが作れました。

色を重ね塗りしないポストカードの作り方

最初に押したスタンプをマスキングインクで保護する


レター用紙(ポストカード)に押したスタンプの上に重ね塗りしたくない部分をマスキングしていきます。この時、置くようにそっとのせないとのせた部分の絵具が薄くなってしまいます。

スタンプを重ねて押していく

マスキングインクが乾いたら、レター用紙(ポストカード)に重ねてスタンプを押します。

重ね塗りしないポストカードの完成

スタンプを押しマスキングインクを塗る作業を繰り返し、最後に消しゴムでマスキングインクをはがしたらポストカードの完成です。絵具が重なることなく、キレイに仕上がりました。

まとめ

筆以外に竹ペンや漫画用のペンなどでマスキングインクをのせたり、絵具ではなくほかの画材を使っても面白いポストカードが作れると思います。難しい技法はいらないので、ぜひ試してみてください。

この記事は、当ブログ運営スタッフの実体験をもとに作成されています。情報の鮮度・有用性・確実性については保証していません、記事内容の実施はご自身の判断と責任のもとにご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

ABOUT