これだけでも美味! 山口県名産「かまぼこ」が今夜のおかずに変身!!

  • 2018年1月9日
  • 927Views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
00.gohan-no-otomo_title

三方を海に囲まれ、山野の緑に恵まれた山口県には食が進む農水産物がいっぱい。 今回は、山口県でオススメのご飯のおとも、それだけでも美味しく、 お土産にも喜ばれる「かまぼこ」にひと手間を加えて、今夜のおかずへバージョンアップ!! かまぼこを使った料理レシピをご紹介します。

山口県のかまぼこ

豊富な漁場を有する山口県では新鮮な白身魚がたくさん獲れます。新鮮な材料ときれいな水を使って作られる山口県のかまぼこは風味が良く、他県のかまぼこに比べてプリプリとした歯ごたえがあるのが特徴です。

素材を味わう “シンプル食べ”

 

01.kamaboko-simple eat

噛めば噛むほど、白身魚のふんわりとした甘みが出てくるため、かまぼこだけで食べるという山口県民は多いかと思います。さらにお醤油をつければ、炊きたて熱々の白いご飯のおともにピッタリですよ! 山口県民としてオススメしたいのは、お酒のおとも。わさび醤油につけて大人のおつまみに。かまぼこで一杯、おススメです♪

かまぼこ de 今夜のおかず

山口県のかまぼこは、その歯ごたえと風味の良さから食卓の主役にもなります。今回ご紹介する、かまぼこのアレンジ料理は “かまぼこのフライ料理” です。主役のかまぼこ、脇役のチーズと青じそが相性抜群の一品です。

レシピ「かまぼこフライ」(4人分)

02.kamaboko_receipe_dish

材料

かまぼこ(赤)
1本
かまぼこ(白)
1本
スライスチーズ
2枚
大葉
6枚
小麦粉
適量
1個
パン粉
適量
小麦粉
適量
お好みの付け合わせ
★今回は ブロッコリースプラウト…適量 / ミニトマト…4個

作り方

03.kamaboko_receipe_01

1.かまぼこ、スライスチーズは6等分に切る。大葉は細切りにする。

04.kamaboko_receipe_02

2.かまぼこ1つ1つに切り込みを入れ、スライスチーズと大葉を挟み込む。

05.kamaboko_receipe_03

3.小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけ、170度の油でこんがり揚げる。

06.kamaboko_receipe_04

4.油をきって器に盛り、付け合わせを添える。

山口県民の味・かまぼこに、個人的に大好きなチーズと大葉を挟み込んでみました。普段冷蔵庫で冷やして食べるかまぼこは、今回のように揚げ物にして熱々でも、冷めても美味しく食べられるオススメのおかずです。

おわりに

山口県には、オススメしたい「ご飯のおとも」がまだまだたくさんあります。シンプルに食べてよし! アレンジ料理にしてもよし! 自分に合った、自分好みの新しい食べ方をぜひ見つけてみてはいかがでしょうか。

 

 

この記事は、当ブログ運営スタッフの実体験をもとに作成されています。情報の鮮度・有用性・確実性については保証していません、記事内容の実施はご自身の判断と責任のもとにご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

ABOUT