伝統工芸の魅力発信♪山口市にある徳地和紙の専門店『風伝』

  • 2018年1月4日
  • 2,067Views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
伝統工芸の魅力発信♪山口市にある徳地和紙の専門店『風伝』

山口市楠木町。
住宅街にひっそりと佇む徳地和紙の専門店『風伝(ことづて)』。
このお店では、伝統ある“徳地手漉き和紙”を使って作品をつくり続けている職人さんたちが、和紙製品の販売と制作教室を行っています。

ではでは、その魅力を体感するべく、いざ出発♪

800年以上の歴史をもつ「徳地和紙」の専門店

徳地和紙 紙人形

「徳地和紙」は、山口市徳地(室町時代から続く和紙の産地)地域で大内氏の時代より生産されている、歴史ある和紙です。
鎌倉時代初期、東大寺再建の材木調達のために訪れた重源上人が、その製紙法を伝えて始まったともいわれています。
江戸時代には、藩の重要な輸出品の一つとして、生産量・技術ともに向上していきました。
しかし、明治末期から洋紙が台頭し始め、明治34年に4388戸あった生産者が現在では2戸しか残っていないという、危機的状況に…!
一枚いちまいを手作業で漉いていく技術は、熟練の職人さんでないとなかなか上手にはいきません。
わずかながらも伝統が受け継がれており、山口市の無形文化財に登録されています。

“和紙”ってすごい!
身近に取り入れたい、便利なアイテム♪

徳地和紙 名刺

最初の挨拶で、こんな名刺を渡されたら…!
「おぬし、できるな!」と思ってもらえそう。笑
温かみのある雰囲気と手になじむ質感は、気持ちとともに手渡しする名刺にぴったり♪

〇名刺紙 1枚¥25(税込)~

店内には、色味や厚さなどが違う約25種類の「徳地手漉き和紙」をはじめ、名刺・ステーショナリー・紙人(紙人形)・季節の花・灯などの約100点以上の和紙製品を取り扱っています。
今回は、数ある作品の中からオススメのものをPick upしてご紹介!!

徳地和紙 ステーショナリー

【写真上部】¥2500(税込)
通帳入れにもぴったり♪ しかも、かなりの収納です!
こちらで使っている和紙は良質な繊維が密になってできているので、普通の紙に比べるととても丈夫で物持ちが良いです。

【写真下部】¥2000(税込)~
とっても繊細なデザイン!
最近流行りの「御朱印巡り」の御朱印帳やメモ帳など、いろいろ使えます。
持っているだけで目を引きそう♪これで、さりげなく差をつけてください。笑
色を入れた和紙の上に、和紙の原材料である木(コウゾ・ミツマタ・ガンピ)の繊維で付けている、白い模様がアクセントになっていて素敵ですね!

徳地和紙 ハガキ・封筒

徳地和紙言いたいことや伝えたいことも、LINEやメールで「ちょちょいのちょい!」な現在。
便利な世の中になったけれど、ちょっと簡素かな…いつもと違ったアピールでもしてみようかな…というときに!
お手紙・おはがきで想いを伝えてみませんか?

〇はがき
1枚 ¥70(税込)
5枚セット ¥350(税込)
〇封筒 1枚¥80(税込)~

徳地和紙 髪飾り01
徳地和紙 髪飾り02
徳地和紙 髪飾り03
徳地和紙 髪飾り04

髪飾り 着用髪に一刺しするだけでとっても花やか♪
一瞬、生花かと思ってしまうくらい、精巧です。
着物姿のワンポイントにもなりますね!
成人式やパーティーなどで使う用にオーダーする方もいます。
20代の若い世代にも使いやすいアイテムとして人気です。
かなり洗練された大人の女性になれそうです!笑

〇髪飾り ¥2000(税込)~

徳地和紙 紅葉

紙でできているとは思えない、このクオリティー!
この空気を含んだような軽やかな雰囲気は、普通の布や紙ではなかなか表現するのは難しいそうです。

徳地和紙 干支・戌のオブジェ

徳地和紙 鏡モチ
こちらは、オーナー・冨永さんのお弟子さんの作品。
来年(平成30年)の干支・戌のオブジェ!
ほんわり優しい雰囲気と愛くるしい表情がたまりません♪
後ろにある白梅の花も、まるで本物のみたいに繊細です。

〇戌のオブジェ(白梅付き) ¥2500(税込)
※作品は季節や年によって、ないものあるそうです。

和の籠(小物入れ)
卵や果物入れに♪
湿った布に数分くるんで柔らかくされると、用途や自分の好みに合わせて形が変えられます。
良質な和紙ならではですね!

〇和の籠(小物入れ) ¥1200(税込)

和の籠(小物入れ)02

大きさもいろいろ。
こちらは、キーケースに使えそう。

普段使いからちょっと目を引くシーンまで…幅広く使えるものがいっぱい!
アイテムや使い方で、伝統のものもスタイリッシュでオシャレになるんですね♪
また、一つひとつが手作りなので、人気のものは在庫がない場合もあるそうです。

伝統を受け継ぐ人の“想い”

風伝(ことずて) 店主

幼少の頃からお人形が大好きだったという冨永さん。
趣味で人形づくりをしていた約30年前、そのしなやかで丈夫な素材に出合い、ほれ込んだそう。
その紙人形もつくり続けて約45年以上!

「徳地和紙の販促が進むことで、手漉きの職人や伝統を受け継ぐ若い人が1人でも増えてほしい…!!」という想いは強く、
店名の『風伝』にも「和紙の良さが風のように流れ、広く伝わってほしい」という想いが込められています。

一の坂川で「雛納め」01
一の坂川で「雛納め」02

現在でも、広報・地域交流の一環として、季節ごとにイベントや企画にも積極的に取り組んでいます。
春には、一の坂川で「雛納め」もするそうです。

息をのむ美しさ…!

徳地和紙の魅力

「見て、触ってもらえれば、その魅力がわかる」

今にも動き出しそうな人形たち。
冨永さんは、この子たちを「紙人(かみびと)」と呼んでいます。
製作日数は、最低でも1週間はかかるそうです。
少しずつ…和紙に命を吹き込みます。
ちなみに、紙人は冨永さん、お花は斉藤さんという作家さんが担当。
各々、得意分野があるんですね!

店内のギャラリーには、冨永さんや市原さん、生徒さんの作品がたくさん展示・販売されています。

徳地和紙 作品01
徳地和紙 作品02
徳地和紙 作品03
徳地和紙 作品04

徳地和紙 作品05

糸のように細い髪の毛は、1本いっぽん和紙を縒(よ)って作られたもの。
気が遠くなるような作業です…。
冨永さん、腱鞘炎にもなるはずです!

徳地和紙 作品06
徳地和紙 作品07
徳地和紙 作品08
徳地和紙 作品09

徳地和紙 作品10

ご利益ありそう…!

つくる楽しさ♪

徳地和紙 紙人形 制作風景

約50年近く紙人形を製作している冨永さん。
以前には、徳地で紙人形グループ「紙人の家・歩々」を立ち上げ、指導も行っています。
また、人形制作の体験教室も開講。
「伝統を継ぐ若い人が1人でも増えれば…。」と丁寧に教えてくれます♪

【教室】
〇紙人(紙人形)の実技指導 ¥3000~(材料費含む)
※1つの作品が出来上がるまで、何回でも指導してもらえます♪
〇和紙アクセサリー ¥500~(材料費含む)
〇御朱印帳 ¥1000~(材料費含む)
その他、インテリア用品をつくる教室なども有。

風伝(ことずて) ギャラリー01

風伝(ことずて) ギャラリー02

ギャラリーは2部屋あります。
いかがでしたでしょうか。
なんとなく知っていたものではあったけれど、実際にいろいろな作品に出会い、今までの和紙のイメージとは違った新しい魅力に出会えました!
また、まるでおばあちゃん家に遊びに来たような落ち着く雰囲気と、冨永さんの優しくて温かい人柄にも癒されます♪

最後に、「これからも、お店に来てくださった方々の声を集めて作り手に届けたい。魅力ある伝統工芸を絶やさないように、応援ができれば。」と笑顔の冨永さん。
皆さんも是非一度、足を運んで和紙の世界に触れてみてください♪

風伝(ことずて) 看板

~ちゃまめの道案内~

今年の2月に一の坂川沿いの店舗から楠木町に移転しています。
隠れ家っぽいところがまた素敵なのですが、少し道に迷ってしまう人もいるかもしれないので、自他ともに認める方向音痴の編集部員・ちゃまめが、ここで注意ポイントをご案内♪

山口バイパス/国道9号線を神田交差点方面に進みます。
進んで右手にある木戸公園(木戸神社)を過ぎ、右手にある細い道(ドコモショップ山口店より手前)に入ります。道なりにまっすぐ進んでください。右手側に『済生会湯田温泉病院』に入る道がありますが、そこは通り過ぎます。

風伝(ことずて) 道案内01

少し進むと、右手に『和楽 にしや』という骨董品屋さんがあります。
それを目印に、ちょっと進んだ先に見える左手の細い道を入ってください。

風伝(ことずて) 道案内02

目印の、『和楽 にしや』さん!

お店の前に、骨董品がずらりと置いて置いてあります。

風伝(ことずて) 道案内03

左に曲がったら、こんな感じ。
これを今度は右に曲がります。

風伝(ことずて) 道案内04

右に曲がってちょっと進むと、左手にお店があります。

風伝(ことずて) 道案内05風伝(ことずて) 道案内06

このお家です!

風伝(ことずて) OPEN 看板

Open時は、看板が出ています。

とりあえず、『和楽 にしや』さんを探してください!
もし、これでもたどり着けなかった場合は…、お店にお電話ください。笑

店名風伝(ことずて)
TEL090-4801-8906
住所山口市楠木町11-33
営業時間木・金・土曜日 11:00~17:00 (右記以外の営業も、事前のお電話にて相談可能です。)
駐車場
公式アカウントFacebook
ブログ
その他イベント出店の情報はFacebookにて!

この記事は、当ブログ運営スタッフの実体験をもとに作成されています。情報の鮮度・有用性・確実性については保証していません、記事内容の実施はご自身の判断と責任のもとにご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたヒト

ちゃまめ

ちゃまめ

運転下手で方向音痴だけど、お店を巡るのが大好き! 休日は、隠れ家的なカフェやパン屋、Barに出没しています。お庭をバラとハーブでいっぱいにするのが最近の小さな野望です。

MENU

ABOUT