宇部市こどもきいく「子どもの成長と寄り添うおもちゃ&家具づくり」♪

  • 2017年11月6日
  • 111Views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宇部市「子どもの成長と寄り添うおもちゃ&家具づくり」♪

まん丸だったり、つるつるだったり、うねうねしてたり…なんだか不思議で面白くて、美しい曲線のおもちゃたち!
すっと手に馴染むそれは、機能的で子どもの豊かな想像力を引き出してくれます。

“木で育む”ライフスタイル

こどもきいく 外観

宇部市船木にある工房「こどもきいく」では、想像・安全・収納を最優先した木工のおもちゃや家具作りを通して、より良い子育てライフスタイルを提案しています。
自身も2人のお子さんを持つお父さんという、職人兼オーナーの鮎川さん。
身近な“子育て”を活かした子どもと寄り添うデザインは、温かみがあって安心して使えるとお客さんからも評判です。

子どもは遊びの天才!

こどもきいく 椅子・テーブル

日常的に子どもが触れるもの。椅子やテーブル、引き出しなどの家具も子どもにとっては楽しい遊び道具!
国産のケヤキやヒノキなど、木の種類によって色や木目が違う為、オーダーや作るものによって使い分けているそうです。
鮎川さんの元実家(山陽小野田市・厚狭)の山から伐採した木も!
一番人気のサクラは希少性が高く、木目が美しいため迫力があります。
また、安心安全にこだわっており、子どもにも極力害の少ない植物油性塗料(自然塗料)を使用。
「こどもきいく」の家具の特徴でもある、ネジや釘を一切使わずに木を加工して組み合わせる「ほぞ組み」の技術を使ったものも。
さすが、職人技です!!

こどもきいく 子ども用のベンチ

子ども用のベンチ(写真上)
思わず座りたくなっちゃう!木目や木本来の色を活かした家具は、同じものは二つとない一点もの。
実際に子どもが使いやすい高さになっています♪

こどもきいく 椅子

座り心地抜群!
この背もたれのフィット感、たまりません!
長時間座っていても、お尻や背中が疲れにくい♪

こどもきいく つみきいく

「つみきいく」
やさしい丸みがとっても可愛い積み木♪
0歳から遊べる、こどもきいくのオリジナルグッズ。
積み重ねたり、くぼみに何かを挟んでみたり、子どもの想像力次第で遊び方は無限大!
自由な遊びの中で、知的な成長も手助けしてくれそうな新感覚のおもちゃです。

お母さんも嬉しい!お片づけも“遊び”のひとつに♪

こどもきいく 収納箱思いっきり遊んでほしい!
でも、小さな子どもを持つご家庭のお悩みのひとつ…そう、お片づけ(収納)です。
遊んだら散らかしっぱなし!!
しかし、お片づけがしやすくて楽しいおもちゃだったら、子どももお母さんも嬉しいですよね。
小さな箱のものでも、奥行きがあり、意外と大きな収納スペースがあるのに驚きました。
「面倒くさい」「苦手だな」と思うお片づけも楽しむ方向にもっていけたら、「ままごと」や「家族ごっこ」ももっと充実しそう!
ちなみに、お片づけが苦手な私も、収納スペースがたくさんあるのは嬉しい♪
お片づけが苦手なのは、子どもも大人も一緒なんですかね。笑

 “いち”からつくるものづくり

こどもきいく 作業風景
10代の頃から、内装やエクステリア工事・鉄工所・溶接・左官・大工など、どれも職人といわれる仕事に携わっていた鮎川さん。そんな中、木を扱う仕事に出会い、その面白さに惹かれたそうです。何事にも一直線な性格もあり、専門学校で木工技術や道具の使い方などを基礎から学んだとのこと。

「2009年にのこぎりと金づちだけの道具から始まった木工人生。そして、2013年より独立してスタートした樹工大樹。当然、最初はなかなか上手くいかず大変なことも多々あった。」と語り、「しかし、イベント出店での出会いで“ひとりのお客様と向き合う為に、全ての工程を1人でやりたい。”という思いが強くなった。家族や友人はもちろん、市や地域の人にも助けられ、常にいろいろな人とのご縁に支えられてきた。」と鮎川さん。

こどもきいく 工房

高台の見晴らしの良い場所にある400坪の敷地内にあるのは、2016年12月に完成した新しい工房。
大工の経験を活かして骨組みや外壁、扉などは自作し、知人にも協力してもらったそうです。
離れにはギャラリー、そしてお庭には木で出来たブランコも。
「おもちゃや家具をオーダーするだけでなく、外で寛いだり、景色を楽しんだり、ギャラリーや遊び場で子どもと一緒に楽しんでほしい」という鮎川さんの想いがたくさん詰まった“遊べる工房”になっています。

あるときは、自分でつくれる工房に!

こどもきいく 万年筆

子どもも大人も大興奮!
新しい工房では、オリジナルのボールペンや万年筆などを作る体験ができます。
小学生以上であればOK!
実際にやってみると、ドキドキワクワクです。笑
迫力ある機械音と木を削る音が工房内に響きます。

【ボールペン・シャープペンシル・万年筆の製作体験】
¥3000~
※使う金具によって、変わります。

作品にもよりますが、簡単なものは約1時間でできます。

こどもきいく ボールペン

同じボールペンでも、木の種類が変わるだけで雰囲気が全然違う!

細工や趣向を凝らしたデザインのボールペン

とあるオーダーより。
細かい細工や趣向を凝らしたデザインもありました。

仕事で使う自分へのご褒美やプレゼントにもぴったり♪
想いを込めて、自分で木工製品を手作りするのも素敵ですね!

こどもきいく 作業風景02

今後は「もっとたくさんの人が気軽に遊びに来てもらえるようにシーソーを置いたり、カフェスペースを作りたい。新しい工房でのワークショップや木工教室、より地域と密着した企画イベントを行いながら、みんなが集まる場所にしていければ。」鮎川さん。

いかがでしたでしょうか?
優しい木の香りとオーナーの笑顔に、とても癒される時間でした♪
今回、たくさんのユニークなおもちゃたちを見て「木で育む子どもの成長」に憧れを抱いちゃいました。
家具は結婚・出産を経て居住環境が変わる30代のファミリー層に合いそう。
また、リフォーム・リノベーションなどで新たに家具を求められる年配層にもオススメです。
皆さんも、一度は工房に遊びに行ってみてください♪

こどもきいく ブランコ

店名 こどもきいく child’s furniture creator 鮎川大樹
TEL 080-1628-3607
住所 宇部市大字船木3699
営業時間  9:00~17:00 ※不定休の為、来店の際は事前にご連絡を。
定休日 不定休
駐車場  有
公式アカウント こどもきいく
Facebook
その他  各種イベント出店有

この記事は、当ブログ運営スタッフの実体験をもとに作成されています。情報の鮮度・有用性・確実性については保証していません、記事内容の実施はご自身の判断と責任のもとにご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山口県と福岡県のチラシを見るなら

新聞をとっていないけど、折込チラシが見たい!なんてことがありませんか?

地元の折込チラシがネットで見れるWebサービス『ジモチラ』は、山口県や福岡県などを中心に地元密着のスーパー、飲食、不動産、ファッションなどあなたの街にあるお店のチラシをパソコンやスマホから無料でご覧いただけます。
チラシは新聞折込のものばかり、だから新聞を取らない方が街のお店のチラシを見るにはピッタリです。

この記事を書いたヒト

ちゃまめ

ちゃまめ

運転下手で方向音痴だけど、お店を巡るのが大好き! 休日は、隠れ家的なカフェやパン屋、Barに出没しています。お庭をバラとハーブでいっぱいにするのが最近の小さな野望です。

MENU

ABOUT