山口市新山口駅前。専門学校生プロデュースの「学生カフェ」!!

  • 2017年10月10日
  • 76Views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山口市新山口駅前。専門学校生プロデュースの「学生カフェ」!!

JR新山口駅新幹線口から徒歩約3分。
YICビジネスアート専門学校に併設する学生カフェ『Café de YIC』が6月30日にオープンしました。
なんと、こちらのカフェでは、同校パティシエ学科の学生が作ったスイーツが味わえるんです♪

Café de YIC 外観

未来のパティシエが作る絶品スイーツ♪

「季節感」を重視したスイーツは、色味(見た目)や味など、全体のバランスを考えながら作られています。この日は、取材時がまさに旬のいちじくや桃を使ったケーキなど、定番を合わせて常時10種類が並びます。
仕入れによって毎回異なるスイーツが登場するので、常連さんも楽しみ♪
また、販売するスイーツは一般の洋菓子店よりリーズナブルなお値段なのもGood!!

いちじくのショート
○「いちじくのショート」¥200
(旬のいちじくを使った今だけの特別な逸品。)
桃のタルト
○「桃のタルト」¥300
( サクサクのタルト生地と桃の優しい甘さが絶妙にマッチ。)
クッキーシュー
○「クッキーシュー」¥100
(一番人気! サクサクのクッキー生地に生クリームとカスタードクリームがたっぷり。)
生チョコケーキ
○「生チョコケーキ」¥250
(生チョコを練り込んだしっとりとしたチョコケーキ。)
プランター
○「プランター」¥300
(中身はティラミス!仕上げはユニークに鉢植えに。)
ドゥ・フロマージュ
○「ドゥ・フロマージュ」 ¥250
(2層のチーズが重なったコクのある濃厚な味わい。)

テイクアウトOK!
カフェを利用される方には、ドリンク付きもあります。
「オレンジジュース・アップルジュース・珈琲・紅茶」各¥180 /「カプチーノ」¥200

揚げたてのカレーパン

揚げたてのカレーパン!
仕入れによって内容はいろいろ♪
キッシュを出すこともあります。

 

学生ホールがオシャレカフェに大変身!

もともとは学生ホール! オープンの半年ほど前から準備を進め、駐車場だった場所を整備。隣接するホテルに面した1階に店舗を設営しています。
かねてから「学生たちに”現場”の魅力を知ってほしい。」という思いもあり、授業の一環として仕入れから洋菓子の製造・接客・サービスまで、全ての運営を学生に任せるカフェとしてスタートしました。

もともとは学生ホールだった Café de YIC
カウンター6席、テーブル32席、外にはテラス10席。
店内は白いテーブルや椅子が並び、明るい雰囲気です。
美味しいスイーツとともに会話も弾みます♪

1日に約100人以上の来店があり、学生さんも多いそうです。Café de YIC 店内01

Café de YIC 店内02

Café de YIC 店内03

カフェ運営を通して”リアル”を学ぶ

プロが教える実践的な実習

Café de YIC 調理風景01

学生の指導にあたっている講師の北岡さん(↑写真左)は、山陽小野田・厚狭の人気洋菓子店「トロアメゾン」の製造現場で責任者を務めていたベテラン。商品企画からデザイン・仕込みなど、10年間現場で培った経験とノウハウを基に、より実践的でリアルな実習を行っています。
Café de YIC 調理風景02
カフェオープン当日も、朝から準備に大忙し!
20人の生徒が一回でケーキを作るケーキの数は、なんと約500個!!

Café de YIC 調理風景03一度に大量のケーキを作るのは大変!
ホールを丁寧にカットし、1つひとつ手作業でケーキフィルムを貼っていきます。
時間と闘いながら、仲間との連携プレーで一気に仕上げに入ります。

Café de YIC 調理風景04

定番人気のシュークリーム♪
丁寧にクリームを注入!!

Café de YIC 調理風景05

実際の現場と同じように指導。
人の口に入るものなので、味はもちろん衛生面やコストパフォーマンスもしっかり学びます。

学生さんたち、みんなキラキラ輝いています♪

「学生たちはパティシエの卵。まだまだお店に出す商品としては課題が残るけれど、とても積極的に店舗運営にも取り組んでいます。実際に現場の経験ができる貴重なチャンスを今後に活かしてほしい。」と北岡さん。

「美味しかったよ!」「頑張ってね!」

Café de YIC 接客風景01

自分たちが作ったものを実際にお客様に提供し、評価してもらえる機会は、普通はなかなかありません。将来、就職して自分のお店を持ったときにも活かせる貴重な経験です。

パティシエ学科2年の津田さん(アイキャッチ写真)は、「事前にしっかり打ち合わせや計画を立てて、仲間との連携をはかっていても、いざオープンするとバタバタして思うようにいきません。突然のオーダーやケーキが足りない、などの急な事態に対応する難しさを感じています。」と話し、「最初はぎこちなかった接客や笑顔も少し慣れてきた。近所の人が毎回来てくれたり、顔を覚えてもらったり、実際にお客様と交流できることは、やりがいがあって嬉しい。」と素敵な笑顔♪

Café de YIC 接客風景02

離れの実習室でケーキを作りながら店内の状況を把握するって、意外と難しい!

Café de YIC 接客風景03
最後の売上金の管理も学生たちに任されています。収益は、学生の教材費に当てているそうです。つまり、自分たちが頑張った分だけ、授業で使う道具などが充実するというわけです!
今まで、グループに1台当てていた工具が1人1台で使えるようになったり、グループで1ホールしか作れなかったケーキが、1人1ホール作れるようになったり…。限られた時間のなかで、どんどん技術を磨くことができますね!Café de YIC 接客風景04

今後は「カフェの看板(目玉)メニューになるような自分たちのオリジナルスイーツを考案したい。」と津田さん。
皆さんも是非一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。
未来のパティシエたちが、とびきりの笑顔で待ってますよ♪
Café de YIC 看板

店名 Café de YIC(カフェ ドゥ ワイアイシー)
TEL 083-976-8354
住所 山口市小郡黄金町2-24(YICビジネスアート専門学校)
営業日時 11:00~ケーキが売り切れ次第終了。※詳細は、HPまたはお電話にてお問い合わせ下さい。
駐車場
公式アカウント YICビジネスアート専門学校 お知らせ
Instagram:「yba.pati」で検索!
その他 テイクアウトOK。電話予約不可。

この記事は、当ブログ運営スタッフの実体験をもとに作成されています。情報の鮮度・有用性・確実性については保証していません、記事内容の実施はご自身の判断と責任のもとにご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山口県と福岡県のチラシを見るなら

新聞をとっていないけど、折込チラシが見たい!なんてことがありませんか?

地元の折込チラシがネットで見れるWebサービス『ジモチラ』は、山口県や福岡県などを中心に地元密着のスーパー、飲食、不動産、ファッションなどあなたの街にあるお店のチラシをパソコンやスマホから無料でご覧いただけます。
チラシは新聞折込のものばかり、だから新聞を取らない方が街のお店のチラシを見るにはピッタリです。

この記事を書いたヒト

ちゃまめ

ちゃまめ

運転下手で方向音痴だけど、お店を巡るのが大好き! 休日は、隠れ家的なカフェやパン屋、Barに出没しています。お庭をバラとハーブでいっぱいにするのが最近の小さな野望です。

人気記事ランキング

  • 週間
  • 月間
  • 累計

MENU

ABOUT