夏でもヒンヤリと気持ちがいい!山口県の川遊びスポット9選

  • 2017年8月7日
  • 4,560Views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夏でもヒンヤリと気持ちがいい!山口県の川遊びスポット9選

梅雨が明けると、本格的な夏が到来して暑い日が続きますよね。そんな時は、ほとんどの方が海水浴を楽しんでいるのではないでしょうか。
しかし、8月になると特にお盆には水温が上昇して、われらが天敵「クラゲ」が大増殖します。肌を露出しないラッシュガードで対策をしたとしても、クラゲがうじゃうじゃいる中に子供を入れるのは心配です。
「じゃあプールで水遊びをしよう」という発想にもなりますが、筆者は清涼感たっぷりで自然を満喫できる川遊びをお勧めしたいです。

そこで今回は、山口県で川遊びができるスポットを厳選してまとめてみましたのでご紹介します。

川遊びのいいところ

川といっても人の手によって整備された場所や自然をそのまま活かした場所など様々ですが、筆者が紹介したいのは、比較的人里から離れた山間部の川です。
夏の日差しの影響を受けない上流の水はヒンヤリとして、また森林が発するマイナスイオン効果が気温を下げてくれます
そんな自然豊かな環境の中での川遊びは夏の暑さを吹き飛ばしてくれること間違いないでしょう。

山口県の場合は、一級河川の佐波川をはじめ、周南市鹿野町を水源とする錦川水系など山間部上流付近の川が最適な川遊びスポットとしてお勧めできます。

山口県の川遊びができるスポット

1.粟野川(小河内)河川公園(下関市)

粟野川(小河内)河川公園 川遊び

粟野川は、下関市豊田町の勇山が水源となる二級河川です。粟野川(小河内)河川公園の川は粟野川の下流付近ということもあって水は少し濁りがありますが、そんなのは気にならないほど夏には多くの家族連れが川遊びをしています。
また、周囲に灯りが無いので夜の星空がとてもキレイと定評があります。ちなみに鹿がやってくるので注意が必要です。
キャンプ場の利用は無料ですが、利用の際は下関市に利用届を提出する必要があります。申請しないと水道の栓が借りれません。

2.七重川河川公園(長門市)

七重川河川公園 川遊び

七重川河川公園では、7月中旬~8月31日まで期間限定で無料プールが開放されます。
このプールは、すぐ側に流れる七重川の水が使われているのでヒンヤリと綺麗な川の水を楽しむことができます。
七重川は、木屋川水系。水質は透きとおりとても綺麗で近くには七重川の景勝、七段の滝があります。
プールからは、川へと続く階段があるので、もちろん川で遊ぶこともできます。
監視員はいませんので遊泳には各自で気を付ける必要があります。

3.犬鳴公園 夢の椀プール(山口市)

犬鳴公園 夢の椀プール 川遊び

山口市仁保上郷にある犬鳴公園は、7月21日~8月31日の間、川の水を引き込んだ夢の椀プールが無料開放されています。
プール内にお椀をひっくり返したようなつくりのウォータスライダーが設置されていて子供たちが遊べるようになっています。また、水深が浅いプールもあるので幼児も安心です。目の前を流れる仁保川は、緩やかな階段を通って降りられるので、すぐにでも川遊びを楽しめます。

4.佐波川関水(山口市)

佐波川関水 川遊び

筆者の川遊びの穴場的スポットとして度々訪れている場所です。
平安時代末期に東大寺再建に使用する木材を奈良へ運ぶために佐波川をせきとめて水路を作ったのがこの佐波川関水です。当時は、数十箇所あったとされる関水は、現在ではこの一箇所のみです。
一級河川の佐波川というだけあって水は透きとおりヒンヤリとして、とても気持ちが良いです。石畳がある場所は流れが急なので、降りる場所を考えなければなりません。一度降りてしまえば水深は浅く穏やかな流れなので子供はプール感覚で遊ぶことができます。川遊びのために整備されているわけではないので、周囲にはトイレや更衣室などの設備が無いのが難点です。

5.道の駅長門峡(山口市)

道の駅長門峡 川遊び

秋の紅葉、瀧や深淵などの景勝地と知られる長門峡は、行楽シーズンになると沢山の観光客でいっぱいになります。また夏でも冷涼な長門峡は避暑目的で訪れる方は多く、道の駅の裏手を流れる阿武川で川遊びを楽しむ親子で賑わいます。駐車場付近は水深が浅く、峡谷の入り口付近の橋へ向かうほど深くなっていきます。川の水は冷たくて気持ちが良いですが流れが少し速いので子供から目を離さないように注意が必要です。

6.せせらぎ・豊鹿里パーク(周南市)

せせらぎ・豊鹿里パーク 川遊び

せせらぎ・豊鹿里パークオートキャンプ場の前を流れる渋川は、山に囲まれた自然豊かな環境の中でゆったりと川遊びを楽しむことができます。錦川源流の支流なので水質は透きとおるようにキレイ。芝生広場の前は、水深が浅く川の流れは穏やかです。トイレやコインシャワーなど設備は整っているので子供も大人も安心してキャンプや川遊びが楽しめるスポットとなっています。

せせらぎ・豊鹿里パーク

7.滝の口河川公園(下松市)

滝の口河川公園 川遊び

滝の口河川公園は、米泉湖の上流にある末武川の自然を活かした公園です。ここは、なんといっても県内屈指の紅葉が楽しめる場所ですが、夏には末武川の冷たい水で川遊びが楽しめるスポットです。
水質はやや濁りがありますが、川のせせらぎや緑の景観がすばらしくピクニック感覚で気軽に川遊びを楽しむことができます。

8.須川家族村オートキャンプ場(岩国市)

須川家族村オートキャンプ場 川遊び

須川家族村オートキャンプ場は、岩国市錦町の山間部に位置し、森の緑と川のせせらぎに癒される自然豊かなキャンプ場です。その場内を流れる宇佐川の水はヒンヤリと冷たく足元までくっきりと見えるほど透明度がバツグンに良い水質でまさに清流と呼べる川だと思います。川幅は広めで水深は深いところで1mを超えますので子供はライフジャケットや浮き輪があった方が安心です。
筆者個人の感想ですが、家族で気軽に足を運べる川遊びスポットとしては、山口県内で1番お勧めしたい場所です。

須川家族村オートキャンプ場

9.出合親水公園(岩国市)

出合親水公園 川遊び

地底王国美川ムーバレーのすぐ近くにある親水公園です。こちらも錦川水系根笠川の支流なので、水の透明度は良く冷たく澄んだ川です。美川ムーバレー駐車場のすぐ目の前に川へと降りていく階段があります。川幅それほど広くなく足をちゃぷちゃぷと付けて川遊びを楽しむことができます。

これだけは気をつけたい川遊びで注意すること

水難事故

天候のチェック

天候のチェック

雨による急な増水で川の流れが早くなると非常に危険です。川の中洲や橋の下に取り残されて流されてしまうという痛ましい水難事故が毎年のように発生しています。天候は小まめにチェックして危ないと感じたら早めに川から離れるようにしてください。

こんな時は要注意
  • 雨が降り始めた
  • 雷が聞こえ始めた
  • 黒い雲が見える
  • 落ち葉や流木が流れてきた

水に入る時の服装

水に入る時の服装

  • ライフジャケットの着用
  • 脱げにくいウォーターシューズ

虫刺され

虫刺され

川は上流へ行くほど自然に恵まれた環境になりますが、そのぶん昆虫や動物なども増えてきます。
中には、刺すなどの危険生物がいるわけで、しっかりと対策をしておかないと楽しいはずの川遊びが台無しになってしまいます。下手をするとそのまま病院へ直行なんてこともあるでしょう。
蚊やブヨなどは、刺されても痒いだけで済みますが注意しなければならないのは、感染症を引き起こすといわれる「マダニ」、アナフィラキシーショックの危険性がある「スズメバチです。

これらの危険生物をできるだけ回避するために、むやみに林や草が生い茂る中を通らないようすることです。
万が一刺された時のために応急措置ができる最低限の救急キットは持っておくことをお勧めします。

まとめ

山口県の川遊びができるスポットのまとめは、お役に立てましたでしょうか?
ネットで検索すると海水浴場の情報は沢山でてきますが、川遊びができるスポット情報は散見していて探しにくい印象がありましたので、まとめさせて頂きました。

川遊びは暑さが残る9月初旬頃までできます。今まで夏は海だけだったという方は、川遊びにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

この記事は、当ブログ運営スタッフの実体験をもとに作成されています。情報の鮮度・有用性・確実性については保証していません、記事内容の実施はご自身の判断と責任のもとにご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山口県と福岡県のチラシを見るなら

新聞をとっていないけど、折込チラシが見たい!なんてことがありませんか?

地元の折込チラシがネットで見れるWebサービス『ジモチラ』は、山口県や福岡県などを中心に地元密着のスーパー、飲食、不動産、ファッションなどあなたの街にあるお店のチラシをパソコンやスマホから無料でご覧いただけます。
チラシは新聞折込のものばかり、だから新聞を取らない方が街のお店のチラシを見るにはピッタリです。

この記事を書いたヒト

やまさん

やまさん

筆者は、山林の散策、家庭菜園、狩猟、渓流釣りなどまるで老後のような生活を好んで趣味にする変わり者です。地元にこだわり、コアなスポットを探して紹介していきたいと思います。

人気記事ランキング

  • 週間
  • 月間
  • 累計

MENU

ABOUT