超簡単。お気に入りの器が欠けた時の金継ぎのやり方。

  • 2017年5月31日
  • 21,833Views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
headm10015

古民家暮らしを始めて早3年目の初夏。日々の暮らしにも ずいぶんと慣れ、有意義な日々を送っています。ここ最近は、畑や庭作業がいそがしく、なかなか住まいのリノベーションは進んでいませんが、今回は私の趣味のひとつの『うつわ』の話を少々。

全国的にゴールデンウィークになると至るところで『陶器市』が開催されています。ここ山口でも有名な萩焼の陶器市が行われ、今年も大いに賑わったようです。私もずいぶん、あちこちの陶器市や骨董市などに脚を運び、お気に入りの逸品を求め 出かけるのですが、そんなお気に入りのうつわに限ってなぜか、割ってしまったり、欠けさしてしまったりで悲しい思いを何度もしてきました。接着剤でくっつけてみたりもしましたが、元のようには戻りません。しかし、日本には昔からそのマイナス面を逆手に取って、よく見せる『金継ぎ』という文化があります。そこで今回はDIYでカンタンにできる『金継ぎ』をご紹介。

はじめに

※本件に掲載されている『金継ぎ』は本来の金継ぎとは違い、本漆・金粉を使用しません。今回の材料は食品用ではないため、メーカー等も推奨しておりません。また、食品用としては使用しないでくださいという表記のあるものもあるので、完全に自己責任の上、行ってください。また、筆者は事前にこのやり方で金継ぎを行った うつわを数年使用しておりますが、直接食品が当たる場所、口をつける場所、また火にかけたり、電子レンジや食器洗浄機等は使用しないようにしています。

 金継ぎとは

e0016諸説あるようですが、14世紀の室町時代頃からこの技術は始まったようで、うつわなどの陶磁器が割れたり、欠けたりした際の修理と装飾を兼ねた技法。主に使う材料は本漆と金粉。普段の生活では、ほとんど見る機会はありませんが、うつわに金色の線が引いてあるのをうつわが好きな方なら一度は見たことがあると思います。あれが金継ぎです。本当ならワレ・カケしてしまったモノは捨ててしまいますが、モノを大切にする文化と当時の方の遊び心がマッチした、とってもステキな文化です。

 では実際に金継ぎをやってみよう。

本来なら、本漆と金粉を使いますが、これらで行うと漆が乾くまで数ヶ月かかり、材料の入手も難しいので、今回は現在の材料を使って『簡易的な金継ぎ』を行ってみます。

材料

うつわ

e0003大切にしていたのにも関わらず、口のところがカケてしまったお気に入りのうつわが今回の主役。

合成うるし

e0007本漆ではなく、植物由来の樹脂。本漆のように乾くまでに数週間もかかりません。また、カラダに付いてカブれることもありません。

真鍮粉

e0006金粉と使いたいところですが、同じ金色でもこちらは真鍮を粉にしたもの。

筆2本

e0004合成うるしを塗るための小筆と真鍮粉をまぶすための中筆。

エポキシパテ

e0008欠けた部分の補修に使います。2種類を混ぜ合わせるタイプのものだと速乾性が高く、早いものだと数十分で硬化し始めます。説明書をお読みの上、時間内に作業を済ませます。

カッター・やすり・耐水性の紙やすり

e0005エポキシパテで盛ったあと、カタチをきれいにするために使用します。

やり方

1.欠けた部分の洗浄と乾燥

e0001うつわの欠けの部分をしっかり洗い、しっかり乾かします。ゴミやホコリがついていると剥がれやすくなるためです。

2.さらに欠けそうな場所は先に取っておく

e0002欠けが広がりそうな場合はその部分を先に取っておきます。これ以上 広げたくないなと思ってもあとから剥がれてしまうことを考えると必須です。

3.エポキシパテを欠けた部分に盛る

e0009エポキシパテを欠けた部分に空気が入らないように少しふっくらなるまで盛っていきます。※エポキシパテは速乾性が高いものがあるので、説明書に書いてある時間以内に盛ってください。

4.カタチを整える

e0010e0011パテが乾いたら、カッター、やすり、紙やすりを使って削り、まわりの高さとなじませていきます。この時、まわりよりへこんでいるようなら、よく拭いて乾かし、パテ盛りをもう一度行います。

5.乾かす

e0012カタチが整ったら、しっかり絞った布巾などで削りカスを拭き取り乾かします。

6.合成うるしを塗る

e0013合成うるしをパテが完全に隠れるように小筆で塗っていきます。この時、厚く塗りすぎないように注意し、縁をなぞってから中心を塗るようにしましょう。

7.真鍮粉を上からかける

e0014合成うるしが塗り終わったら、乾かないうちに中筆ですくい取った真鍮粉を上から軽くふり掛けていきます。ある程度、塗った部分が隠れたら、真鍮粉を軽く払い落とし、そのまま乾燥させます。

8.完成

e0018完成したのがこちら。見た目には金継ぎとあまり変わりません。欠けた部分がこのうつわの次なる個性となり、これからもわが家で活躍してくれそうです。※数日、放置し完全に乾いてから食器用スポンジと洗剤で真鍮粉や削りカスなどをしっかりと洗い流してください。また、真鍮粉の部分を強くこすると真鍮粉が取れてしまいますので、お気をつけください。

まとめ

いかがでしたか、金継ぎという日本古来の技術。その頃から日本はモノを大切にする文化が養われていたんですね。『もったいない』の文化が蘇りつつある現在。このような文化がますます発展していくといいですね。

この記事は、当ブログ運営スタッフの実体験をもとに作成されています。情報の鮮度・有用性・確実性については保証していません、記事内容の実施はご自身の判断と責任のもとにご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山口県と福岡県のチラシを見るなら

新聞をとっていないけど、折込チラシが見たい!なんてことがありませんか?

地元の折込チラシがネットで見れるWebサービス『ジモチラ』は、山口県や福岡県などを中心に地元密着のスーパー、飲食、不動産、ファッションなどあなたの街にあるお店のチラシをパソコンやスマホから無料でご覧いただけます。
チラシは新聞折込のものばかり、だから新聞を取らない方が街のお店のチラシを見るにはピッタリです。

MENU

ABOUT