美祢市の山の斜面に立つ謎の建造物の正体とは?【どこフォト】

  • 2018年6月7日
  • 166Views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美祢市の山の斜面に立つ謎の建造物の正体とは?【どこフォト】

普段、気にも留めない場所も注意して見てみると実はとても魅力的だったりする。そんな場所があなたの身近にあるかもしれない。山口県のどこかを写真で紹介するコーナー【どこフォト】

今回紹介する大きな穴が3つ空いたレンガ造りの謎の建造物は、「道の駅おふく」近くの山の斜面に鎮座する
今までそこに存在していたのかと疑うほど、突如として現れたかのように、ここ数年で存在感を強めたような気がする。

「これはなんなのか?」気になったので車を停めてじっくりと見てみることにした。

近づく方法がわからない

どう行けば近づけるのか分からないまま、とにかく見える位置から接近してみることに。

石材置き場から見える美祢市の石灰窯

石材が積まれている広場から斜面を登ればすぐにでも近づけそうだが、草木が生い茂っていて、ここから入るのは難しそうだ

案内板を発見

しばらく周囲をうろついていると「道の駅おふく」と「秋吉ファームガーデン」の間に案内板を発見
石灰窯の案内板

案内板には、「石灰窯 200m」と書かれている。石灰窯ってなんだ?右の「吸込穴おふく洞」も気になるが今回は案内どおりに左に進んでみた。

石灰窯までの道のり01

ちゃんと舗装された道があるではないですか!さっきの斜面を登らなくて正解だった。

石灰窯までの道のり02

見えてきた。石灰窯までもう少し…。

石灰窯とは

これが、謎の建造物「石灰窯」の全貌である。

目の前に見える石灰窯

調べてみると、国内有数の石灰石の産出量の高さを誇る美祢市では、かつて石灰石を焼いて「生石灰」を製造するのに使われていた石灰窯が点在していたそうだ。

この石灰窯跡もその1つで、以前は竹やぶに覆われていたが企業の新人研修や地元の中高生たちが伐採作業をして現在の様にきれいに整備されたとか。

突然、現れたように感じたのは、今までやぶに覆われていたからなんだな。

石灰窯の内部

ちみなに、これが穴の内部。実際にどのように使われていたか気になるね。

場所はここだ!

「道の駅おふく」と「秋吉ファームガーデン」のすぐ近く。美祢市の貴重な史跡。気になる方は、自分の目で確かめてみては?

この記事は、当ブログ運営スタッフの実体験をもとに作成されています。情報の鮮度・有用性・確実性については保証していません、記事内容の実施はご自身の判断と責任のもとにご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたヒト

やまさん

やまさん

筆者は、山林の散策、家庭菜園、狩猟、渓流釣りなどまるで老後のような生活を好んで趣味にする変わり者です。地元にこだわり、コアなスポットを探して紹介していきたいと思います。

MENU

ABOUT